多くの人の悩み

様々ある病気の中でも、腰痛の痛みに悩んでいる人は多いでしょう。痛みの感じ方には種類があり、何か動いた時に感じる痛みや腰の重さ、手足の痺れなど様々です。また痛みの種類や場所だけでなく、痛みの期間も異なってくるのです。腰痛は表に出てくることが多く、自分の痛みの種類をしっかり把握することが出来ます。整体や病院で診てもらう時には、原因や症状をしっかり説明することも大切となります。腰の痛みは、大きくわけて3つあると言われています。1つは、仕事やスポーツをしている時に急に痛みが出てくるタイプです。安静にしている時には痛みは和らぎますが、このタイプの場合は痛みが繰り返しやってきます。もう1つが、デスクワークなどで長時間、同じ姿勢でいると強い痛みが出てくることがあります。この場合はあまり自覚症状がなく、腰の重だるさを腰痛と感じ無い人もいます。腰痛は腰だけでなく、足にも痛みが出てくることもあり同時に痛みが発症するケースがあります。これが最後のタイプです。タイプを見て自分がどの症状なのか、把握しておきましょう。

腰痛の中には、ヘルニアの症状を患っている人もいます。ヘルニアの場合は手足がしびれることもあり、症状がひどい場合は切開手術受けなければなりません。しかし最近では新し手術法が多くの病院に導入されており、切開せずに手術することが出来ます。切開しないということは、メスを使用しないので出血の心配もありません。この手術法は「PLDD」と呼ばれている手術で、注目されている手術の1つです。メスを使用しない代わりに、レーザーを使用して手術を行ないます。PLDDは腰だけの痛みに限らず、肩や首の痛みも和らげることが出来るのです。治療時間は10分から30分と短く、手術ですが入院する必要はありません。当日で帰ることができ、PLDDの術後は、痛みが和らいでるのをすぐに実感すうことが出来ます。ひどい腰痛の悩みから抜け出せるのです。